【無料】LINE@で限定ブログ講座発信中
ABOUT ME
ドラくん
ドラくん
日本一周をしたブロガー。リストマーケティングで起業したコンサルタント。大学受験失敗後、生きる意味を考え、旅人になりたくて、お金・時間・場所に縛られないブログを始める。バイトの月収を安定的に超えたことにより19歳で独立。現在、ブログ収益化コンサルタントや旅行系キューレーションメディア・芸能系キューレーションメディア運営などをしている。
ブログ

トレンドブログのネタ探し,キーワード選定の方法!【本質的】【保存版】

ドラ君
ドラ君
こんにちはドラです。

今回は初心者がトレンドブログの最初で躓いてしまうネタの探し方、キーワード選定について見て行きたいと思います。

ネタ選定と言っても、事件系や色欲関係で悩んでしまうのがトレンドブログにおいて最も重要視されるところ。

モラルや著作権の観点からも本質的に見て行きたいと思います。

ドラ君
ドラ君
あえて、触れられない情報だからこそしっかりと向き合っていくべきだと私は思っています。

トレンドブログとは

トレンドブログとは、トレンドのネタを扱うブログのことです。

主に、ゴシップ系のネタを扱うことからトレンドブログ=芸能人のまとめサイトみたいなイメージですね。

ですが、実際にはトレンドブログは様々なネタを扱うことができ、雑記ブログに近いブログのことです。

実際に僕が行っていた時も、収益の大半は季節系のネタで収益はもらっていました。

収益の方法はGoogle AdSenseのクリック型広告で報酬を受け取っています。

1pv(1人に見られた数)に換算すると報酬は0.1円〜0.3円あたりでしょうか。

話は逸れますが、YouTubeのAdSense収益よりは1pvが高いそうです。(某有名ユーチューバー100万人を超える人のカメラマンと話をしたときに僕の話をすると驚いていました。)

ですが、僕的にYouTubeもそんなに変わらないと思います。むしろ多い気がします。

チャンネル登録者数が2万人以下のユーチューバーが再生数は動画一本あたり平均5万再生数くらいで動画の本数は60本ほど。

このチャンネルが月収25万円あたりもらっていると言っていましたから、動画広告の単価が高くなっていると思います。

トレンドブログのネタの探し方

本題のトレンドブログのネタ探しですね。

主にトレンドブログのネタ探しで僕が使っている場所をお教えします。主に4つあります。

ドラ君
ドラ君

・Twitter

・Yahooテレビ番組

・LINEニュース

・Yahooニュース

・季節ネタ

ですね。

他にも、目を向ければたくさん需要は転がっていると思います。

まずはこの4つから、ネタ探しをして需要の探し方が上手くなっていけるといいですよね。

トレンドブログのネタ探しの本質は読者がどんなことを知りたいか。需要探しです。この現象から考えられる知りたいことは何か。常にこの思考でいることが大切です。

Twitter

Twitterのネタの探し方はまず、トレンドを見ます。

今話題になっていることがTwitterのトレンドには乗るのでここから記事を書いていくとアクセスの爆発を起こしやすいです。

速報系にはなってしまうのですが、初心者が扱うネタとしては速報系は新しい新規キーワードとして出てきますので是非積極的に狙っていって欲しいですね。

新規のキーワードを見つけ書いていくのが初心者が手っ取り早くライバルに差をつける方法になります。

Yahooテレビ番組

ヤフーテレビ番組表は、未来予測のネタ探しとして役に立ちます。

番組表というのは未来が決まっていてある程度ネタは予測できてしまいます。

これを活用しない手は無いでしょう。トレンドブログをしていると未来がわかれば月収100万円も夢では無いのになあと思う時が来ます。

その未来予測ができてしまうのは、テレビ番組ならではの強みでもあります。

僕が最初にアクセスの爆発を起こしたのも、このテレビ番組からです。24時間テレビのネタを扱うことによってアクセスを1記事で5000pv近くは集めました。

LINEニュース

LINEニュースは意外と便利です。

僕は速報系に挑む時、LINEニュースをチェックしています。ランキング形式でスマホから手軽に見れる点はとても大きいですよね。

ランキングだけでなくても、話題になりそうな記事はちらほら見かけます。

ここだけの話ですが、ライバルと差をつけたければ、こうした速報系でアクセス爆発を狙うことはとても大事です。

Yahooニュース

これもLINEニュースと同じなのですが、ランキングと今何が世の中に起こっているのか瞬時に判断することができます。

気になる記事から、キーワードを探していくと、思わぬお宝キーワードがあったりします。

個人的にYahooニュースを僕は多く使っていました。

そもそも、読者が多いのでそこから気になるワードを拾っていけば、その気になるワードで調べる人が一定数います。

季節

あまり知られていない、ネタ探しがこの季節系のネタです。季節によって様々な行事もありますし、季節ごとに需要が高まります。

季節別で特価ブログを作って稼いでいる人もいるくらい需要が大きくて初心者が参加しやすい場所です。

僕はあまりライバルがいなかったため、一時期は独占状態でした。なぜか、あまり実践者がいなく需要が高いのでみなさんにもお勧めです。

なぜこんなに有料級の情報を上げているのか気になると思いますが、その理由は後々語りますね。

イベント

イベントはハロウィンや、クリスマス、お正月に夏休みなど様々なイベントがあります。

花火大会などもそうです。たくさんの人が動く行事は特に狙いどころです。

それと同時にAdSenseだけでなくアフィリエイトもやっていくと収益が二倍三倍と伸びて行きます。

意外と、トレンドブログとアフィリエイトの相性っていいですね。

天候

ここも最近は増えてきたかなという印象ですが、まだまだマイナーであり狙っていけるジャンルになります。

その年その年でキーワードが変わってきますし、当たれば誰もが見る、需要が高いところなので是非狙って欲しいところですね。

交通

交通関連も大手メディアが書いていないビックキーワードがたくさん眠っています。

個人が知りたい情報はたくさんあるので、ずらしてビックなネタをたくさん掘り出して行きましょう。

僕の知り合いのブログ仲間は、この交通系だけの記事で月に10万円を達成しています。

YouTuber

YouTuberのまとめサイトがあるほど、需要が高いところです。

芸能人とさほど変わらない、むしろYouTuberの方が興味関心が今の人たちにはあると思います。

しかもまだまだ知られていない人たちがいる中、新規キーワードがたくさん眠っている宝庫でもあります。

物事は芸能人だけと絞るのではなく、季節ネタや交通関係、様々な事柄にアンテナを張り巡らして生活するとトレンドブログの楽しさがわかってくるのでは無いでしょうか。

トレンドブログのネタ選定,キーワード選定

ネタ探しやキーワード探しが終われば、今度は最も大事なキーワードの選定、ネタ選定です。

ここを怠って仕舞えば、稼げるはずの内容も稼げなくなってしまいます。

注意すべき点は以下の通り。

・キーワード(題名)は32文字~40文字以内。

・自然な日本語。

・キーワードを組み合わせて見たくなるような記事の題名へ。

・数字や【】のように強調すると良い。

・上位表示させたいキーワードは左詰めで。

キーワード(題名)は32文字~40文字以内

Googleの検索結果でもYahooの検索結果でもいいのですが、記事の題名を見てみると32文字前後なのがわかります。

たまに40文字近く表示されることもあるため、32文字より少ないとその分のキーワードがもったいないですよね。

この文字数でキーワードを取り入れ魅力的な題名にしましょう。

自然な日本語

魅力的な題名にするということは、自然な日本語でないと不愉快な気持ちになりますよね。

例えば、?が多いとか、キーワードを多く入れたいために変な題名になってしまったり。

気持ちはわかるのですが、詰め込みすぎるくらいであれば、記事を2つや3つに分けて、使いたかったキーワード単体で狙っていくと記事数も増えて、見やすくなります。

いいことばかりですね。

この辺りのことは、以下の記事でも語っているので気になる方はチェックしてみてください。

キーワードを組み合わせて見たくなるような記事の題名へ

キーワードを組み合わせることで、記事が上位表示されたときにその界隈を独占することができます。

どういうことでしょうか。

例えば、アメリカ、観光で記事を作りたいとします。

このキーワードに他のキーワードを入れ込んだとします。

アメリカ、観光、お勧め、スポット、絶景

この5つを盛り込んだとします。

題名をつけるとしたら、アメリカおすすめの絶景観光スポットはこれ!【恋人とのデートにも】

これが、アメリカ観光と調べたときに上位表示をもしもしていたら、「アメリカ お勧め 観光」でも上位ですし、「アメリカ 絶景 スポット」でも上位です。はたまた、狙っていない「アメリカ デートスポット」でも上位表示されることが起こり得ます。

このように、キーワードを詰め込んだ上位表示ができることで様々なアクセスが取れるということですね。

また、初心者にもこれはおすすめです。

なぜなら、さっきの文でもサイトパワーが弱いからと言って、アメリカ お勧め 観光 絶景 スポットで上位表示したいなあと思っていたのが、徐々にアクセスが増え、どんどん少ないキーワードで上位表示することができます。

つまりは、初心者でも尻込みせずにどんどんビックなキーワードをロングテールキーワード(長いキーワード)から狙って言って欲しいということです。

公式サイトに勝って上位表示できることなんかざらにあります。

SEOの詳しい説明については個人で説明しているので、メルマガにでも登録しておくと勉強になると思います。

上位表示させたいキーワードは左詰めで

今の話を読んでいたらわかると思いますが、狙いたいキーワード(ネタ)は左詰にします。

GoogleやYahooの検索エンジンは左の単語から拾って記事を表示させます。

ですから、左詰にして題名をつけていくのは自然な付け方ですよね。

トレンドブログの取り扱いについて注意点

トレンドブログを取り扱っていく上で大切なことがお金稼ぎよりもあります。

それは、モラルのないことをしないだとか、誹謗中傷はしないと言った根本的なところですね。

この辺りのモラルにかけている人が最近多いように思えます。

最近で言えば、事件になったあおり運転での女性プライバシー問題。トレンドブログの運営者が不確かな情報を基に記事を書いてしまったために、加害者ではない女性が責め立てられることに。

人権侵害で、裁判を起こす方向に持って行きました。

この事件から反面教師としてわかるとおり、お金に目が眩み、誹謗中傷の記事や不確かな情報を基に記事を書いてしまうとこのような問題に発展します。

ビジネスをしていく上で、当たり前ですが全てが自己責任です。自己判断でしっかり物事を見極めていけるといいですね。

著作権と肖像権

トレンドブログで悩む一番の要所はここではないのでしょうか。

この著作権に関しては以下の記事で詳しく語っていますので気になる方はみてください。

画像

芸能人やその他の話題を取り扱っていく上で、必ず使ってしまう画像ですね。

著作権はこの芸能人をとったカメラマンにあります。そして肖像権は芸能人にあります。(芸能人であればパブリシティ権もあります)

嫌な記事や迷惑な記事を書いているようであれば、訴えることができます。

このように、画像を無断で使用することで、自分が犯罪者になってしまうのではないかと思ってビジネスがやりにくくなりますね。

そこで僕は解決策としてはフリー画像でやっていくべきだと思っています。僕自身もそうですし、実際にフリー画像だけでも収益は出ています。

そうは言っても、使わなければ記事が成り立たないのもあるのも事実です。

そうしたことに関しての記事は以下で語っています。

僕的には、個人のトレンドブログだけでなく大手企業メディアもゲームの攻略サイトも勝手に画像を使っていますが、黙認されている状況を見て「んー」と思っています。

芸能人側も、ゲームの販売者側もこうした記事のおかげで売り上げや認知度が上がっている部分もあるということで黙認していると思います。

僕はあくまでもフリー画像を勧めますが、現実と法律が乖離(物事が離れているさまのこと)している中どうアプローチしていくかは個々人の判断によるとしか言いようがないですね。

文章

続いて文章の引用についてみて行きたいと思います。

ここも、著作権が関わってきますから、ちゃんとしたルールがあります。

引用に関しては、文全体の5分の1~6分の1に収める意識して引用元を明示し、文を変えたりしなければ大丈夫です。

ここに関しても詳しいことは以下の記事で語っています。

やはり一番の問題は画像でしょう。

ビジネスをしていく中で法律向き合っていかなければ、ビジネスはすることができません。

誹謗中傷、不確かな情報を拡散せた反面教師をお手本(画像ではない)にも、トレンドブログを勧めていけるといいですね。

不確かな情報

著作権と肖像権についての話をしましたが、他にも話題になっていることがあります。

フェイクニュースですね。

ウソの記事を作成してしまい、世間を戸惑わせてしまう記事が去年くらいに話題になりました。

実際に、日本で起きたトレンドブログの事件も、不確かな情報を基に記事を作成してしまい問題が起きています。

この辺りも個々人でしっかり判断して、やっていかないと痛い目に必ずあってしまいます。

法律関係はしっかりと自分で判断していくことが一番大事なことだと思います。

なぜ有料級の情報を無料で垂れ流すのか

トレンドブログのネタ選定,キーワード選定を振り返って、なぜここまで有料級の情報を流すのか気になりますね。

その理由は大きく2つあります。

1つ目は間違った情報で行動して欲しくないからです。

僕自身このサイトを立ち上げたのも、旅人という界隈を変えたくて立ち上げています。

僕自身が半ば騙されたという経験がありますから、正しい知識で戦っていけば、その人を余裕で塗り替えられるだろうと。

そんな思いでやっています。

2つ目はトレンドブログはライバルが増えたとしても需要は無くならないので十分に戦っていけるからです。

トレンドブログの強みは新規キーワードがどんどん出てくるところです。この考え方は特化ブログでもいかせていけるのですが、新規キーワード(需要)が無限という面で幾つでも狙っていくべき記事が出てきます。

また、これだけのやり方を世間に広めても実際に行動する人は100人に1人、いやもっと少ないかもしれません。

だからこそ、間違った知識よりも正しい知識を広めていってます。

それと、本当の有料級の情報はお金を出して自分で経験していかないと身についていかないです。甘い汁を吸って生き続けていても、いつかは痛い目にあいますし、本質を見れていない可能性が高いです。

何が言いたいのかというと、無料で例え有料級の情報を出したとしても、行動する人はいないし、お金も出さないからライバルが増えていないのと一緒ということです。

本気の人は自分から情報をとりに行きます。稼いでいる人に話をきいたり、お金を払って様々なことを経験したり。

そんな感じです!

ABOUT ME
ドラくん
日本一周をしたブロガー。リストマーケティングで起業したコンサルタント。大学受験失敗後、生きる意味を考え、旅人になりたくて、お金・時間・場所に縛られないブログを始める。バイトの月収を安定的に超えたことにより19歳で独立。現在、ブログ収益化コンサルタントや旅行系キューレーションメディア・芸能系キューレーションメディア運営などをしている。
【無料】LINE@で限定ブログ講座発信中

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です